年末大掃除

アスティークFHC編集部

忙しい年末が近づいて来ましたが、今年1年を締めくくる為の大掃除の準備は出来ていますでしょうか?どこから手を付けたらよいかわからない方必見です。

大掃除のスケジュールをたてる


簡単なスケジュールを立て、決まった時間内で大掃除を行うことが大事です。事前に予定をたてる事で、やることが整理でき、無駄なく、効率的に進めることができます。下記を参考にどこを掃除するか、予め順番を決めておくとスムーズに取り組めると思います。

①いる物・いらない物を決める

②いらない物は思い切って捨てる

③掃除場所を決める

④掃除場所の順番を決める(※必要な掃除道具は事前に揃える)

⑤掃除する

いる物・いらない物を決める


大掃除は、いらない物を「新年を迎えるから処分する」という、大義名分が立つ絶好の日だと思います。今年一年使わなかった物、着なかった服、今後も恐らく使う予定のない物などは思い切って手放しましょう!

貧乏性な性格の私もなかなか物を捨てられずにいましたが、調べて分かりました、「捨てる」という行為はネガティブな要素に思うのですが、本来は「自分を幸せにするための作業」という事です。その空いたスペースに大事な物が入ってきやすくなるという事だと思います。必要なのは、自分に安らぎや幸せな気持ちをもたらしてくれる本当に必要な物。だけを残す事です。物を減らし整理整頓がスムーズにできるようになると物が増えるのが嫌になる。という話もよく聞きます。そうやって自分にとって居心地の良い空間が出来上がって行くのだと思います。片付けが苦手、不用品の処分が面倒……というときは専門の便利サービスを利用しても良いかと思います。

掃除場所を決める


大掃除の目的!!それは、普段手をつけられていないところこそキレイにする。だと思います。ですが、そんな場所こそが汚れやホコリが蓄積していて落とすのも一苦労だったりするのです。はじめは意気揚々と掃除を始めたものの、キッチンの掃除だけでヘトヘトになってしまった……なんてことも大いにありえます。掃除したい場所だけをきちんと掃除して、サクッと大掃除を終わらせるなら、掃除が大変な場所だけは、専門の業者に依頼してしまうもひとつの手ではあります

業者に大掃除で依頼される箇所で多い場所は、自分で掃除するのは大変!という、換気扇やキッチンなど油汚れがひどい箇所、水回りでは洗面、お風呂など水垢がガンコな個所です。ピカピカになる窓掃除も人気が高いです。油汚れや水垢を試行錯誤しながら掃除するよりも、一年に一回であれば、プロに頼んで徹底的にきれいにしてもらったほうがその後の手入れも楽にすむと思いますよ。

掃除する順番を決めて臨む!!


ポイントは下記の4点。

①いらない物を捨てる事が最優先

②汚れが関係が多い水回りから先

③ホコリ取りと拭き掃除は高いところから

④玄関は最後に

 

この4つのポイントを踏まえて、下の順番で掃除すると効率的に大掃除を進めることができます。

  1. まずは片付け・いらない物の処分
  2. キッチン・換気扇等
  3. トイレ・浴室・洗面所
  4. 各部屋(玄関から遠い順に)
  5. 床・廊下・階段
  6. 玄関

あくまでスムーズな掃除方法なのでご自身の掃除しやすい箇所からはじめて問題はありません。

終わりに…


大掃除したいけどそんな時間に余裕がないご家庭もあるかと思います。そんな時はプロにお任せして頂いて全然良いと思います。大掃除を行い新たな気持ちで新年を迎えられたらいいですね♪