VISION & メッセージ

新しい住生活価値を提供するための
アスティークの活動報告と今後のビジョンについて

経済環境の変化の中で感じた、 住宅に求められる本質的な価値。

2014年前期はかねてより消費活動や経済全体への影響が懸念されていた消費税増税の影響が各所で散見される中でのスタートとなりました。とりわけ住宅産業では材料原価や流通コストの高騰、業界全体での職人不足など、事業者や消費者への負担や購買意欲へ影響も多く、苦戦を強いられることが予想されていましたが、そのような状況下でも、より豊かな暮らしを求められるお客様からのご支持や、低金利の住宅ローンなどのプラスの要素もあり、当社の業績においては標準以上を維持することができました。近年お客様が住宅購入を検討される期間は長くなり、より吟味し、よりご家族の感性やライフスタイルに合う住宅をお求めになられる傾向が強まっていると感じます。
住宅というプロダクトとしての品質以外にも、その背景にある考え方や、住まいという暮らしのベースからご家族ごとのストーリーがどう描かれていくのかといった本質的な価値を求められる中で、スマイルタウンをお選びいただけていることに手応えを感じるとともに、スマイルタウンブランドの最大の特徴である、アスティークの目指すソフト面での価値を一層強化させていく必要性を再認識しました。

発展を続ける地域と共に成長し、 より社会に貢献できる盤石の体制を目指して。

アスティークでは創業以来、地域社会に根差したお客様から選ばれる住宅品質とサービス面での総合的なクオリティの向上を目指しています。近年住宅産業にとって必ずしも追い風の状況とは言えない中で、おかげさまでたくさんのお客様からありがたい評価をいただけていることもあり、今後アスティークとして提供する住生活価値を高めていくため、2014年4月に新社屋を竣工、本社を移転する運びとなりました。
大型商業施設やショッピングモールの進出や駅前再開発など、昨今目覚ましい発展をみせる多摩地区の中心・立川を活動の拠点として、これを機に地域と共に成長し、より高いレベルで社会に貢献できる体制を目指していきます。

新たな地域貢献の取り組み 『いいね!昭島プロジェクト』について。

2014年の新たな取り組みとしては、5月よりスタートした「いいね!昭島プロジェクト」が挙げられます。 この企画は単なる販売物件のプロモーションではなく、住まう人々にとってより良い街づくりや地域社会の発展を目的としており、昭島市商工会議所様や昭島ガス様など、様々な地元企業様との協賛をいただきながら、その街に住まう人々との交流や地域全体、地元不動産企業同士の活性化を目指しています。 経済価値のみを追求することなく、地球環境や社会から必要とされる企業を目指し、アスティークの企業目的でもある、ひとりでも多くの「笑顔と感動」を創造するための企画として、通例とはまた違った視点からのプロモーション活動をスタートさせています。 今後もこういった企画の継続・拡充を図っていきます。

昭島市を中心に展開されるスマイルタウンの6現場を統括し、エリアの魅力や行政制度、販売にご協力いただくパートナー企業などを紹介した『いいね!昭島プロジェクト』のプロジェクトサイト(右上)と各現地の完成予想パース(下段)。

新卒採用・人材育成プログラムの中で得た、 確かな手応えと新たな可能性。

社内での取り組みとしては以前より推進していた新卒者を対象とした人材育成プログラムも本格的に始動し、すでに多くの手応えを実感しています。 私自身、既成概念に捉われない自由な発想と純粋な視点を持つ若い世代と深く対峙する体験の数々は大変新鮮であり、ライフスタイルそのものを価値として提供していくアスティークにとって、将来への新たな可能性を感じずにはいられません。 10年後には経済社会の中心となり、住宅購入においても主要顧客となるであろう次世代の価値観など、可能性の宝庫である彼・彼女たちと業務を通じて向き合うということは、人を育て社会に貢献するという企業としての社会的責務の意義と、今後のアスティークの商品開発やサービスの向上にも直結する大切な取り組みであると確信しています。 また、新卒者を積極的に採用していく中で既存のスタッフに大きな変化が見られたことも想定外の成果でした。業界の常識に捉われない視点に触れる事で、既存スタッフもサービスの本質を見直すきっかけや「先輩」としての自覚が芽生え、中堅スタッフが著しい成長を見せています。この取り組みは知識や技術よりも人間性を最重視するアスティークにとってとても重要であり、継続的に積み重ねていくことで将来企業における各世代の人材がバランスよく成長し、より地域社会から必要とされる競争力にも優れた企業体質を目指していきます。